【決定版】センター南周辺で
最も差がつく塾を調べました

横浜市センター南駅のおすすめ塾は?偏差値と内申点の伸びで独自比較!

メニュー
【決定版】センター南周辺で最も差がつく塾を調べました » 小学生の塾選び・知っておきたいポイントまとめ » 読解力を上げるにはどんな塾がいい?小学生の塾選びについて

公開日: |最終更新日時:

読解力を上げるにはどんな塾がいい?小学生の塾選びについて

塾選びに重要なのは「どんな塾があっているか」

親子で納得のいく塾を選ぶには、情報収集が大切です。塾を選ぶ際、子どもが自ら塾に行きたいと言い出すのではなく、親が「行ってほしい」と思う塾を選ぶのが一般的です。その際、合格率や偏差値だけで塾を選ぶのではなく、子どもの性格や適正に合った塾を選ぶのがポイントになります。

読解力を上げるために塾を選ぶのであれば、読解力をあげるための国語専門の塾を選ぶのではなく、子どもに向いていて子供が通いやすいと思える塾を選ぶのが良いでしょう。

我が子に合うのはどんな塾?
センター南周辺から調査

【国語対策】読解力を上げるための勉強法は?

読解力を上げる勉強は、自宅でも行うことができます。ここからは、読解力を上げるために今日からできることを3つ紹介します。

漢字練習を行う

読めない漢字が多いと、本を読むことが嫌いになってしまう場合があります。漢字が読めないと本を読み進めることができず諦めてしまいます。しかも漢字にはしっかりと意味があるため、その意味を理解できないということは読解力の低下にもつながってしまうでしょう。

分からない漢字が出てきたときはすぐに調べ、繰り返し書くことで確実に覚えましょう。最低限、学校で習った漢字はしっかりと読めなければ、読解力を上げることができません。

月に1冊の読書

読書にも読解力を上げる効果が期待できます。読書では語彙力を培うことができ、知識を増やすことが可能です。本の中には日常では使わない単語や文章が多く出てきます。本を繰り返し読むことで、自然とさまざまな知識を身に着けることができるでしょう。

少なくても月に1冊。子ども自身に一か月に読む本の冊数を決めさせ、目標を定めるのがおすすめです。

作文を書く

作文を書くことは文章力だけでなく、読解力を身に着けることにもつながります。作文では、伝えたいことを伝えたい相手にしっかりと伝える力が求められます。結論をまとめることはもちろん、その結論に行き立った経緯や考えも求められるはずです。

作文にはさまざまな要素が含まれており、論理的に考える力も必要とされます。そのため、作文を書くことで読解力を含めた多くの能力を鍛えることができるでしょう。作文を書き続ければ、徐々に上達していく様子が分かるはずです。

小学生の塾にかかる費用相場を見てみる