【決定版】センター南周辺で
最も差がつく塾を調べました

横浜市センター南駅のおすすめ塾は?偏差値と内申点の伸びで独自比較!

メニュー
【決定版】センター南周辺で最も差がつく塾を調べました » いつから?小学生を塾に通わせるタイミングを調査

公開日:|最終更新日時:

いつから?小学生を塾に通わせるタイミングを調査

小学生の子どもを塾へ通わせるなら、ベストなタイミングは?お母さんたちが気になる疑問を調査してみました。

小学生を塾へ通わせるのはいつから?成績は伸びた?アンケート結果に注目!

「小学生の我が子を塾へ通わせる時期がわからない」と悩む、小学生の子どもを持つお母さんたちへ。塾に関する不安をまとめてアンケートで聞いてみました。

小学生を塾に通わせるならいつがいい?

小5が最適?塾へ通わせるタイミング

悩み

アンケート結果によると、小学校の高学年に上がったタイミングで子どもを塾に通わせたいと答える方が多いようです。

小学生は、学年が上がるにつれて通塾率が上昇する傾向にあります。小学6年生にもなると通塾率60%超えという結果に。

塾へ通うタイミングが遅ければ遅いほど、塾に通っている同級生に遅れをとってしまうので、6年生に上がる前までに子どもを塾に通わせるのがいいかもしれません。

算数が難しくなるのは小学5年生!

各塾に対する口コミを確認すると、「小学5年生から算数が難しくなる」という意見が多く見受けられました。

この時期に成績がガクッと落ちてしまった小学生が多く、何らかの対策をはじめないと、授業についていけないまま過ごすことになります。

6年生に上がると5年生で習った内容の応用力も求められるため、5年生で習う内容をしっかりと身につけておくことが必要です。

授業の進度に遅れないようにするためには、5年生のうちから塾へ通わせるのが良いでしょう。

小学校高学年になったら塾の用意!
評判の高いセンター南駅周辺の塾をチェック

周りの子は何歳からが通っている?

何歳から塾に通う子どもが増えているのでしょうか。小学校5年生から通う子どもの比率は高くなるのは特徴です。低学年から塾に通っている子どももいますが、塾に通う子どもが増えるのは、高学年になってからです。

小学5年生から多くなっている

塾に通っている子どもが多くなるのは、小学校5年生からです。多くの場合に、小学校5年生の算数の授業についていくのが難しいと感じることが増えます。分数や図形の問題など中学校の数学の基礎となる部分も勉強するようになるので難しく感じるのです。

他にも国語でも読むべき文章の量が増えたり、他の科目でも 範囲が広がったりすることで勉強ができないと感じる子どもが増えます。塾だけでなく 庭教師を利用したいと感じる子どもが増えるのも小学校5年生からです。

中学受験を見越して6年生から

6年生対象の塾になると、中学校の勉強を先に始めることがあります。基礎を固めてから中学の内容を先に勉強することで、中学校の授業に備えるのです。定期テストで好成績を収めることができるように、小学校のときから準備しておきます。場合によっては中学受験に備えて塾に通わせることもあります。

通わせ始めた理由やきっかけは?

学習塾に通わせる理由やきっかけを見ていきましょう。多くの場合に親が教えるのを難しく感じたり、また勉強の習慣をつけさせたいと思ったりすることから塾に通うようになります。さらに詳しく見ていきましょう。

家庭では教えられない

家庭で教えることが難しいのは1つの理由でしょう。例えば親が共働きをしていると子どもの宿題や勉強で分からない部分を教えるための時間が取れないと感じます。1人で勉強してほしいと思っていてもなかなかそうはいかず、しかし自分自身が教えるのが難しいというケースです。

勉強についていけないと、後の授業にも影響がありますので、家庭で教えられないなら塾に通わせようと思うのです。

勉強の習慣をつけさせる

勉強の習慣をつけさせたいと思うのも一つの理由です。塾に通う目的が明確でなく、ただ勉強するために通わせるという場合もあります。しかしこうしたケースでは塾のカリキュラムや指導方針を親も理解しておくことが大切です。

また、学習習慣を身につけるためには、塾に通う日以外でも家庭で勉強する習慣を身につけたいですよね。そのために子供が勉強する習慣を身につけるには家庭内での協力が必要不可欠。

もし、家庭で勉強の習慣を身につけさせることができるのであれば、塾に通わなくても問題集を行うことで十分勉強についていける可能性があります。どれほど塾に通うのか、習習慣を自分で身につけることができるのかよく検討することが大切です。

中学進学に備える

高校受験を見据えて、中学進学に備えて塾に通うケースがあります。小学校の授業はそれほど難しくなかったとしても中学から始まる科目に備えて、塾に通わせるのです。この場合は明確な目的がなくても、なんとなく中学の授業が難しくなると感じている親御さんも多くおられます。

もちろんこうした不安は、子ども自身はそれほど感じていないケースが多いので、親の意向と子ども考えていることのギャップが懸念点です。それでも、中学進学は塾に通うきっかけとなります。

小学校の授業が分からない

小学校の授業分からなくて、塾に通うケースがあります。多くの場合、算数が分からなくなることで授業についていけなくなることが多いです。他の科目も含めて勉強が苦手な子の場合、塾で分からない部分を教えてもらいたくなります。

すでに学校で勉強していても理解できないなら、学習ペースが崩れている場合があります。学年を遡って学ぶ必要があるので、子供の理解度に合わせて学習のスタートポイントを適切に判断しなければいけません。分かりやすく教えてくれる塾を探すのが大切です。