【決定版】センター南周辺で
最も差がつく塾を調べました

横浜市センター南駅のおすすめ塾は?偏差値と内申点の伸びで独自比較!

メニュー
【決定版】センター南周辺で最も差がつく塾を調べました » 小学生の塾選び・知っておきたいポイントまとめ » 小学生の個別指導塾と集団塾の違いは?

小学生の個別指導塾と集団塾の違いは?

学習塾は子どもが勉強の習慣をつけ、小学校の授業では分からなかった部分を復習するのにも有効な手段です。しかし塾には個別指導塾と集団塾の2つにタイプを分けることができます。子どもが効率的に学ぶためにも、どちらのタイプの塾が向いているのかよく見極めるとよいでしょう。ここでは、個別指導塾と集団塾の違いや特徴をご紹介します。

塾の形態は3つ

塾の形態は大きく分けると2つ、細かく分けると3つに分けられます。

成績が思うように上がらない場合には、塾での学習方法があっていない可能性があります。どのような特徴があるのか見ていきましょう。

集団塾

集団塾は大きなクラスで授業を行うので、学校のクラスと似ている形です。学習カリキュラムが決まっており、全体のペースを維持しながら授業が進んでいくことが特徴です。一定のペースで授業が進んでいくので、費用は安いことが多く通いやすいでしょう。

少人数の個別指導塾

少人数の個別指導塾もあります。生徒が理解できるペースに合わせて学習を進められるように、基本的に先生1人に合わせて2人か3人での授業になります。問題を考えている人と解き方を教えてもらう人が交互になっていきますので、先生も生徒の理解度に合わせやすいです。

1体1の個別指導塾

先生1人と生徒1人という個別塾です。マンツーマンの形になりますので、家庭教師と同じような形です。生徒の理解度や苦手な分野にも合わせやすいという柔軟性の高さが魅力です。

集団塾と個別指導塾のメリットとデメリット

集団塾と個別指導塾という2つのタイプに分けて、どのようなメリットとデメリットがあるのかを見ていきましょう。集団塾の場合には、友達と切磋琢磨できますし、費用が安い点が魅力です。また個別指導塾には子どものペースに合わせやすいという特徴があります。少人数の個別指導塾とマンツーマンの指導塾は、個別指導塾として合わせてどのような特徴があるのかご紹介します。

集団塾のメリット

集団塾の場合には、プロ教師が指導するのでレベルの高い授業を受けられることが多いです。受験に積極的な塾が多いので、全国模試などに取り組んで、対策を立てながら学ぶことができます。

カリキュラムが組まれているので、一定のペースで授業は進んでいくので、授業料も安いことが多いです。周りの友達も通っていると、切磋琢磨して勉強できるので、良い刺激を得て学習することにもつながります。

また通っている学校以外の友達も増えやすいことでしょう。近隣の学校から生徒が集まってくるので、自分の通っている小学校以外にも友達ができます。同じ中学校になれば交友関係が続くこともあります。

集団塾のデメリット

集団塾のデメリットは、カリキュラムが決まっていることです。生徒によって理解度は異なるかもしれませんが、一定のペースで授業は進んでいきます。それで分からない点を積極的に質問できないなら、授業の内容についていけないことも考えられるでしょう。

授業の内容についていけていないと、モチベーションが下がってしまうこともあります。また生徒の中には私語が多い子どももいるかもしれません。集中力を高めて学習するのに難しい環境になる可能性もあるでしょう。

個別指導塾のメリット

個別指導塾のメリットは、生徒に合わせて授業が進んでいくということです。マンツーマンなら子どものペースに合わせられますし、少人数の個別指導塾でも片方が問題を考えている間に、もう1人に解き方や考え方を教えることができますので、先生の目が届きやすいです。理解度を把握した上で授業を進められるのはメリットです。

また先生との距離も近くなるので、信頼関係を築きやすくなります。学習での苦労や問題が解けた喜びを共有できたり、気軽に質問できたりするので勉強に集中しやすいです。

個別指導塾のデメリット

個別指導塾のデメリットとして、仲間がいないことがあります。友達と授業を受けているわけでなく、先生と1対1の場合もあるので競い合う相手いないことがデメリットにもなるのです。模試や学校のテストでライバルは見つけられるかもしれませんが、塾の授業で共に学べる仲間がいません。

また費用が高くなりがちなことも懸念点です。先生に対しての生徒の数が少ないことから授業涼も高くなります。

子どもの性格に合わせて塾選びをする

集団塾と個別指導塾はそれぞれに強みがあるので、どちらが子どもに合っているのか考慮しなければいけません。

もちろん塾に通わせるための予算や、それぞれのメリットとデメリット、学習塾に通わせる目的などを考慮に入れましょう。塾ならどこでも一緒、と投げやりにせずしっかりと子どもに合った塾を見つけてください。このサイトでも多くの学習塾の強みや特徴についてまとめいます。ぜひ参考にしてみてください。