【決定版】センター南周辺で
最も差がつく塾を調べました

横浜市センター南駅のおすすめ塾は?偏差値と内申点の伸びで独自比較!

メニュー
【決定版】センター南周辺で最も差がつく塾を調べました » 小学生の塾選び・知っておきたいポイントまとめ

小学生の塾選び・知っておきたいポイントまとめ

小学生から塾に通う子どもも増えています。高学年になると中学受験に備えたり、子どもが授業に確実についていけたりするために塾に通うのです。しかし塾に通うことにはどのようなメリットがあり、またどのようなタイプの塾があるのでしょうか?さらに塾の探し方や転塾するためにポイントなどもご紹介します。

小学生が塾に通うメリットとは

小学生のうちから学習塾に通うと、勉強の習慣を身に着けることができます。勉強の仲間を見つけることから、勉強に対する意識が高まったり、授業の内容に良く集中できたりするのです。もちろん費用がかかったり、本人の学習に対する意識があるのか分からなかったりするのが懸念点です。子どもだけでなく、保護者としても学習方針や家庭での宿題のフォローなども大切です。さらにどのようなメリットとデメリットを考えるべきなのかご紹介します。

小学生が塾に通うメリットとは

個別指導塾と集団塾の違いは?

学習塾にはどのような授業スタイルをとっているかで、個別指導塾と集団塾に分けることができます。個別指導塾は1人や2人から3人ほどで授業を受けます。先生が生徒の理解度を見極めやすいので、授業を柔軟に進めることが可能です。

また集団塾なら仲間がいることで切磋琢磨できたり、費用を抑えられたりすることが特徴となります。子どもがどのような環境なら集中できるのか、どの程度授業についていけるのかによってもどちらの塾に通わせるのか考えられます。この記事では、個別指導塾と集団塾の特徴をご紹介していきましょう。

個別指導塾と集団塾の違いは?

小学生の塾探しはどこを見るべき?

安心して子どもを塾に通わせるためには、塾を探す段階が大切です。しかし子どもの性格にあった塾はどこなのか、またどのようなカリキュラムになっているのかを考えて塾を探すのは簡単ではありません。後になってから、「別の塾にしておけばよかった」と後悔しないためにも、よく考慮して塾選びをしたいもの。この記事では、小学生の子どもに合った塾の探し方のポイントをご紹介します。

転塾について

転塾は、今通っている塾をやめて他の塾に通うこと。例えば、通っている塾で思ったように成績が伸びないなどすると、転塾を考える場合があります。「このまま今の塾に通わせてよいのだろうか」と考えているなら、転塾を考慮できるかもしれません。もちろん子どもがやる気があるのか考えておかないと転塾しても意味がないことも。また無理やり転塾させると勉強嫌いが加速する危険性もあります。転塾を考えるべきタイミングとはいつでしょうか?転塾のメリットとデメリットを合わせてご紹介します。

まとめ

小学生の段階から塾に通う子どももいるので、「塾に通わせるべきだろうか」と考えることがあります。小学校のうちから勉強についていけなかったり、勉強の習慣をつけさせたかったりするなら学習塾が1つの解決策になります。しかし個別指導塾か集団塾なのか、よく考慮して決定しましょう。また塾を適切に探したり、転塾を考えたりすると子どもが学びやすい環境を作ってあげることができるでしょう。